YouTube Premium の一時停止は最大6ヶ月(YouTube Musicも)

2020年4月30日音楽,Webサービス

事件はメンバーシップ再開のメールから始まった

先日、こんなメールが届きました。まさに青天の霹靂。

は?誰が勝手に再開しろって言った?
いや待てよ?無料視聴中に、うっかり再開ボタンか何かクリックしたんかな?

実は、

YouTube Premium および YouTube Music には、有料会員から無料会員への切り替えの際、注意すべき点があるのです。

音楽をCDで聴かなくなって久しいです。今ではもっぱら音楽ストリーミングサービス、音楽サブスクリプションサービス、音楽聴き放題サービスと呼ばれるものを、転々と渡り歩いて楽しんでいます。

 

今、メインで利用しているのがこちら、YouTube Musicです。

動画配信のYouTubeに内包されるサービスとなっており、ユーチューブ・プレミアムという動画の有料メンバーシップに契約すると、ユーチューブ・ミュージックの有料機能も利用できます。

YouTubeもYouTube Musicも、そもそも無料でも動画・音楽を視聴できるのが大きなメリット。

有料会員になると、以下の機能が使えるようになります。

  • 広告が非表示
  • スマートフォンにダウンロードして、圏外でも視聴できる
  • スマホでバックグラウンド再生ができる(他のアプリを使いながら、再生を続けておくことができる)

個人的には、広告非表示が、最大のメリットと感じています。
特に動画視聴中、途中で入る広告、あれ嫌だな〜。

 

有料会員契約の経緯

少し前に、ソフトバンクとワイモバイルのユーザー対象にYouTube PremiumとYouTube Musicの3ヶ月間無料トライアルをしていて、(※2020/02/18現在も継続中のようです。)これやったらとりあえずYouTube Premiumのほうがお得やな!って早速契約しました。

SoftBankとY!mobileユーザーでなくても、1ヶ月の無料トライアル期間があるので、ご興味のある方はお試しください。

3ヶ月間、広告なしの動画や音楽を散々楽しませていただいたのですが、思うところあって、一旦無料トライアル期間終了後に、課金するのをやめておこうと思いました。

所定の課金ストップの操作を行い、2020/01/10で有料メンバーシップを終了(したつもり)。

だが、そうではなかったのです!!

冒頭でもご覧いただいたこちらのメールが、2/10に来てビックリ!

そういえば、手続きの時「一時停止」みたいな事をしたような・・・。じゃあ「一時停止」ってのは、1ヶ月だけ止める何か悪魔的なトラップなんか?と思ってみたり。いやいや、うっかりどこかで「再開する」ボタンをクリックしたんかな?と思ってみたり。

 

日を改めて、確認してみたところ、Google様による、ユーザーエクスペリエンスを高める、気の利いたサービス形態によるものと判明しました。

試しに、来月から課金ストップしてみます。

メンバーの管理のページを開いて、次回請求日のところ「無効にする」をクリック。

 

 

「メンバーシップを一時停止できることはご存知ですか?」

はい、薄々気づいております。「一時停止する」をクリック。

 

 

あざやかなブルーのボタンがあるので、迷わずクリック。

ちょ、待てよ!

もう一度よく見るんだ!!

 

 

なんじゃこりゃ〜!!

「一時停止する期間の選択」という項目があるぞ。

しかもこれ、

YouTube Premium 一時停止 期間指定

スライドさせて、最大6ヶ月後までを期間の指定できるんですね。

前回、私は何も見ずに、サクサク一時停止したので、気づかなかったのですね。

Google様、疑ってゴメンナサイm(_ _)m

 

 

無事、有料メンバーシップの一時停止が完了しました。

 

6ヶ月後に有料メンバーに戻るか、解約するかわかりませんが、しばらく検討してみたいと思います。

Posted by comoty