空中アスレチック 舞洲スカイネットアドベンチャーを体験

お出かけ

シルバーウィークにちょっとお出かけ。家族で大阪の舞洲にバーベキューに行ったのですが、その前に近くのレジャースポットに行きました。

大阪・舞洲(まいしま)といえば、バーベキューやキャンプができる施設がいくつかあります。

わざわざ人工的に島を作って、そこで自然を楽しむというのもなんか変な気がしないでもないですが、車があればアクセスは抜群、気楽に遊びに行けてとても良いですね。

小さい子供も安全に遊べる空中アスレチック

いくつかあるバーベキュー施設のなかでも、「舞洲バーベキューパーク」という施設内にあるアトラクションの中に「舞洲スカイネットアドベンチャー」というのが、今年2020年3月20日にオープンしました。

バーバキューは車を横付けできるスタイルです。一般的なバーベキュー場だと駐車場から重い荷物を運ぶのが大変だったりしますが、ここだとめちゃくちゃ楽そうですね。

今回はここでBBQをするわけではないのですが、このアスレチックだけしに来ました。駐車場は10〜15台分程度かな。

舞洲スカイネットアドベンチャー駐車場

さて、これが本題の舞洲スカイネットアドベンチャーという空中アスレチックです。

舞洲スカイネットアドベンチャー

小ぶりですね。小規模。

森の中にある大きなアスレチックとか、ダイナミックなジップラインとかとは違うタイプですね。幼稚園児〜小学生対象くらいでしょうか。未就学児は保護者も同伴が必要です。

うちの息子2人は小学生なので、同伴は必要ないのですが、私も体験してみました。

高さ6mのところに、アスレチックがあるのですが、完全にネットに覆われているため、落下の危険はありません。下の落下防止用ネットの上をガンガン歩いても全然大丈夫な作りになっています。

丸太を渡るやつで、横に倒れて横のネットにもたれかかっても転倒することなく、ギリギリ体を支えてくれる絶妙な感じです。

外周にはアスレチックでよくある丸太を渡ったり、ブランコみたいなやつを渡ったり、ターザンみたいにロープを渡ったり、丸い輪っかの雲梯みたいなものがあります。

内側はネットを張ったトランポリン・ゾーンになっていて、ぴょんぴょんジャンプできます。(本物のトランポリンみたいにすごくジャンプはできませんが)

大人でも結構楽しめる

こじんまりとまとまった外観で、大きな公園にある大きな遊具的な印象もあるため、ちょっと油断してしまいましたが、これが結構ハード、いや、めっちゃハードです。

まず普段ネットの上を歩く機会がないですから、このふわふわするところを歩くには体幹がしっかりしていないとだめです。丸太を渡る一本橋みたいなやつも、この空中アスレチック自体が常に揺れている(他の人たちが走り回っていて、その振動で)ので、めっちゃ難しい。でも楽しい!

そして、今回実感したのが、ぶら下がり系のアトラクションがめちゃくちゃ辛いということ!

うんていみたいなやつやターザンみたいなやつですね。握力だけで体重を支えることができない!!

平均的なおじさんって、どんなもんなのでしょうか?

空中アスレチックに限らず、アスレチックって全身運動になりますね。定期的にやりたいと思いました。関西のアスレチック巡りとか。

舞洲バーベキューパーク

Posted by comoty