神呪寺(かんのうじ)〜甲山(かぶとやま)山頂

お出かけ

STAY HOME しすぎて ストレスたまりすぎ。上手に外出も取り入れよう!

お勧めはトレッキング それほど密集しない

コロナ非常事態宣言解除後、初の週末に運動と気分転換(健康管理のため)を兼ねて、家族全員で近所の山の頂上へトレッキング。

近所といっても車で15分ほどかかるのですが、西宮市・宝塚市ではおなじみの甲山です。

西宮・宝塚・芦屋から気軽な登山スポット・甲山

車でのアクセスが便利。周辺の駐車場は混みがちですが、だいたいなんとかなります

甲山の中腹に建立された、神呪寺(かんのうじ)というお寺の裏からの登山道が最短ルートと聞いて、さっそく行ってみました。

甲山というと、それこそ私は子供の時の遠足やらでもおなじみなのですが、だいたい甲山森林公園の記憶しかないので、山頂に行ったことは無いと思います。

なので、とっても楽しみ!

家族揃って車で行ってみると、なんと神呪寺の駐車場は閉鎖中。まだコロナ自粛中のようです。

すぐ横の甲山森林公園の駐車場になんとか駐車することができました。

神呪寺(かんのうじ)〜甲山(かぶとやま)山頂

見よ!これが神呪寺です!
いきなり長い階段!
延長線上に本堂、そして甲山があります。
美しいロケーション。

甲山のポッコリした形はかわいいですし、地元のランドマーク的存在で、私は日本一好きな山です。

飲み物・食べ物は、事前に用意しておいて吉! 現地調達はジュースの自動販売機のみ

さて、長い階段、その先の甲山頂上への道のりの下準備として、ドリンクを買うことに。

周辺にはここの自動販売機しかありません。コンビニとかはないです。

神呪寺(かんのうじ)〜甲山(かぶとやま)山頂

ここ、すごくないですか?
この建物、何か売店の様相はあるのですが、自販機以外の営業はしていないようです。

建物も古いし、このアイスの冷凍庫、昭和レトロ感いっぱいで、ノスタルジック。

青春のあの頃を思い出して、なんかジワーッと心にしみます…

気を取り直して(俺だけ)、いざ神呪寺!

甲山を背景にした由緒ある寺院 神呪寺

神呪寺の向かって右側には「五ヶ池ピクニックロード」(ごかいけぴくにっくろーど)という道路があり、気になったのですが、当初の目的通り「神呪寺からの甲山登頂」を完遂すべく、神呪寺に乗り込みました。

神呪寺(かんのうじ)〜甲山(かぶとやま)山頂

歴史ある佇まい。門をくぐった瞬間から圧倒される甲山との一体感!

神呪寺(かんのうじ)〜甲山(かぶとやま)山頂

長い階段を登ると、こじんまりとした境内に3つのお堂と1つの鐘、美しい眺望の展望スペースがありました。

神呪寺(かんのうじ)〜甲山(かぶとやま)山頂

西宮から大阪までの眺望が楽しめます!

超かわいい仏像なんて初めて見た

境内にとってもかわいい仏像がありました!
なにこれ〜!!
観音様がお地蔵さんを抱っこしてるのかな?

神呪寺(かんのうじ)〜甲山(かぶとやま)山頂

どういうことですかね?初めて見ました。

甲山に登るなら神呪寺からの登山ルートが最短!

さて、いよいよ甲山登山道へ向かいます。

神呪寺の裏手に登山口があります。

神呪寺(かんのうじ)〜甲山(かぶとやま)山頂

神呪寺の奥に二重の塔があり、なぜか鳥居が?
え?神呪寺って、神社も併設してましたっけ?

鳥居をくぐると、登山道が始まります。

神呪寺(かんのうじ)〜甲山(かぶとやま)山頂

登山道は、整備されており、ほぼ階段になっているのですが、かなり急なのと、土砂が削れて階段の段差が高い!

運動不足の私には、かなりキツかったです。

途中、眺望の良い場所もありました。

神呪寺(かんのうじ)〜甲山(かぶとやま)山頂

12分ほどでいよいよ山頂に来ました。

休憩スペースたっぷりの頂上

神呪寺(かんのうじ)〜甲山(かぶとやま)山頂

山頂は芝生公園となっています。下りに備えて、休憩するには十分なスペースがあります。ただし、日陰がないので、夏場は注意が必要です。

標高は309m

神呪寺(かんのうじ)〜甲山(かぶとやま)山頂

こちらは360度パノラマ撮影したものです。ご覧の通り、周りの木々に囲まれていて、眺望はありません。

神呪寺(かんのうじ)〜甲山(かぶとやま)山頂

頂上への登山ルートは3ヶ所

さて、下りは別ルートの登山道を通って下山することにしました。
「甲山自然の家」へ向かうルートです。

こちらのルートもかなり急で、1ヶ所、かなり険しいところがありました。

足腰が弱い方、小さいお子様をお連れの方にはお勧めできないかも?

20分ほどで甲山自然の家へ到着。ここで登山道は終了です。

神呪寺(かんのうじ)〜甲山(かぶとやま)山頂

甲山自然の家を出ると、初めに見た「五ヶ池ピクニックロード」に出ます。

この道を進むと神呪寺まで15〜20分ほどで戻ることができます。

神呪寺(かんのうじ)〜甲山(かぶとやま)山頂

装備・注意点

甲山の登山道はけっこう鬱蒼とした森になっています。

ゴールデンウィーク明けの5月末ですと、スズメバチや毛虫もいます。

気温は25〜28度ほどで、少し暑いですが、できれば薄手の長袖・長ズボンなどで、肌の露出はしないのが良いと思います。

あと、本当に毛虫が多かったので、帽子をかぶっておいたほうがいいと思います。

木がらポトッと落ちてきたら嫌ですもんね。

スズメバチはメチャクチャいるわけではないです。
1時間のうちに1回であった程度です。

今日は、前々から気になっていた、身近にあるのに登頂していなかった甲山に登ることができて、本当に良かったです。

それとともに、やっぱり運動不足・体力の低下を顕著に感じました。どないかせなあかんな〜。

あ、あと個人的には、登山用のポールが欲しいなーと思ってます。買おうかなー。

Posted by comoty