大阪・舞洲のバーベキュー 持ち込み・手ぶらOK ホテルのBBQ

お出かけ

シルバーウィークに大阪・舞洲でバーベキューをしました。

ホテル・ロッジ舞洲のバーベキュー場、「森とリルのBBQフィールド」というところです。

森とリルのBBQフィールド

ホテルのバーベキュー場だからとってもきれい! 森とリルのBBQフィールド

家族でBBQがしたい! 去年、バーベキューセット買ったしな〜。と積極的な姿勢を見せているのはウチの嫁さん。

せっかく買ったから5回は行かないと元が取れないね(減価償却)。なんて言っています。

確かに道具のいる趣味って、始めるのにハードルが高いですよね。せっかく買ったのに、1〜2回しか使わずにそれっきり・・・。みたいになるともったいないです。

ウチのバーベキューセットも確かまだ2回しか使ってないと思います。

森とリルのBBQフィールドは、

  • 手ぶらBBQができる(道具・食材が用意されている)
  • 持ち込みもOK(食材の持ち込み料金不要)
  • コンロ持ち込み不可

で、手ぶらBBQだと現地の食材が高くつくので、食材持ち込みにしました。

後、「コンロ持ち込み不可」というのが、カセットコンロやホワイトガソリンを使うアウトドア用のバーナーみたいなのを指しているのかな?と疑問だったので、ウチのバーベキューセットを一応持っていったのですが、結局、これが「コンロ」ということでした。

私の認識ではこれはバーベキューグリルとかいう名前なのかなと思っていましたが、ネットで検索したらバーベキューコンロという名前でどこでも普通に売っていますね。いやいや、ひとつ賢くなりました(笑)

こちらから入ります。めっちゃおしゃれ!

森とリルのBBQフィールド

入ってすぐ、写真右側のソフトクリームのところで食材やらドリンクを買うことができます。

そして、各エリアには屋根、テーブルとイス、コンロが標準装備、炭3kgと焼き網、トング、ゴミ袋などがセットでついてきます。ついでにスタッフさんがサクッと炭に火をつけてくれちゃいます。楽やな〜。

火起こしが男のロマンやろ!みたいなアウトドア好き男子には余計なお世話でしょうが、まあその時は「自分で火つけたいです」って言えば良いかと思います。ただし、スタッフが来た瞬間に言わないと、一瞬で火をつけられてしまうので、気を付けてくださいね。

森とリルのBBQフィールド

芝生の広場には小さな川が流れています。幅30cmくらい。水深3cmくらいかな。底はコンクリートっぽいですね。広場は芝生と人工芝、バーベキューする席はコンクリートの床で、足がドロドロに汚れる要素はないです。きれいめの服装でも良いと思います。(炭火の煙の臭いはついてしまいますけどね)

森とリルのBBQフィールド

こちらは6人までいける席になっています。

森とリルのBBQフィールド

すぐ近くに水道があって便利。ハンドソープもちゃんとあってうれしいです。

森とリルのBBQフィールド

トイレも1分くらい歩いたところにあります。そこそこきれいです。

こちらは、昼の部と夜の部の2部制になっており、今回は夜の部を予約しました。

  • 1部 サンシャインタイム 11:00 〜 15:00
  • 2部 サンセットタイム 16:00 〜 21:00

森とリルのBBQフィールドの夜

暗くなってきても、照明がしっかりしていて明るいです。

芝生広場も美しくライトアップされ、癒やされるギター・インストみたいなBGMがかかっています。この時期、日が落ちるとさわやかな気温でとても気持ちよかったです。

時折、強めの風が吹くので、物が飛びそうになるのですが、これはアウトドアのバーベキューの宿命ですね。風対策をもう少し研究したいと思います。例えば重りになるものを用意していくとか。文鎮とか石ころとか鉄アレイとかですかね?

癒やしの空間でバーベキュー。なかなかよかったです!

牛肉・豚肉・鶏肉・野菜・じゃがいも・きのこのホイル包み・サンマ・エビ

おいしいもの食べて、コンロの後片付けをしなくていいので楽でした。

でも今度は我が家のバーベキューコンロを使う機会を作りたい。自分たちで火起こしをしたい。特に子どもたちに火起こしを体験させたいな〜なんて思います。

今度は肉を少なめにして、もっと多彩な焼き物に挑戦してみたいとも思っています。何がいいかな〜?考えるだけでも楽しくなってしまいます。

ホテル・ロッジ舞洲

Posted by comoty